単行本
単行本

山崎豊子先生の素顔

野上孝子

  • 定価:本体1,500円+税
  • 発売日:2015年08月08日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

『白い巨塔』『華麗なる一族』『大地の子』『沈まぬ太陽』『運命の人』……。現代のタブーに迫り、戦争と平和を問い続けた国民的作家・山崎豊子。
その素顔と創作の現場を、52年間支えた秘書が明かす。

「秘書、求む」の張り紙を見て訪れた先は、「あんさん、二、三年持ったらええほうでっせ」と怖れられる女性作家の家――。それが、山崎豊子という渦潮に巻き込まれる歳月の始まりだった。
「意見なき者は去れ」が信条の作家は、新人秘書にも絶えず感想を求め、小説をめぐって熱いバトルが続く。「小説はテーマで50点」などの小説作法から取材秘話まで。
「文藝春秋読者賞」受賞の回想録に大幅加筆した決定版!

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
女子大で「秘書、求む」の張り紙を見て訪れた先は、「あんさん、二、三年持ったらええほうでっせ」と怖れられる女性作家の家でした。原稿の清書と電話番のはずが、「意見なき者は去れ」が信条の作家に感想を求められ、取材に同行。中東の石油ビジネス、米国の日系二世、中国で戦争孤児を訪ね歩くうち、有事の際は「先生は私が守る」と小さな体を張るまでに……。52年間、国民的作家・山崎豊子の傍で見つめた小説への熱き思いとその素顔。文藝春秋読者賞受賞の手記を三回忌を機に大幅加筆した決定版です。
商品情報
書名(カナ) ヤマサキトヨコセンセイノスガオ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2015年08月10日
ISBN 978-4-16-390305-7
Cコード 0095

著者

野上 孝子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く