作品紹介

「新書大賞2015」1位に輝く『地方消滅』著者にして「日本創成会議」座長を務める
増田寛也氏による、究極の“解決篇”が登場!

日本各地に眠る宝の資源を発掘し、磨き、売り込み、稼ぐには?
地方に魅力的な仕事を生むことで、人が集まり、街がつくられ、次世代へもつながる。

本書では、「地方創生ビジネス」10の事例を紹介。鍵を握るI&Uターン、地方ならではのIT活用、人づくり・場づくり、補助金からの自立、日本一の売り場へ並べる方法、農協との共存作法、小ささを逆手に取る方法、など「成功の極意」を惜しみなく伝える。


【目次より】
はじめに 「地方消滅」から「地方創生ビジネス」へ

第1章 世界が注目する「ハイテク蜘蛛の糸」を開発【山形県・鶴岡市】

第2章 被災地発、IT高級イチゴで新市場を切り開く【宮城県・山元町】

第3章 「めがねのまち」から「オープンデータのまち」へ【福井県・鯖江市】

第4章 活用困難資源を観光資源に。「道の駅」型・成功モデル【栃木県・宇都宮市】

第5章 肌感覚のマーケティングで、献上栗のブランドを復活【熊本県・山江村】

第6章 本州一人口が少ない村が、「じゃばら」で大儲け【和歌山県・北山村】

第7章 森林・仕事・人を育てる村の総合商社「森の学校」【岡山県・西粟倉村】

第8章 観光協会の株式会社化とカリスマ外国人の活躍【北海道・ニセコ町】

第9章 有名デザイナーを迎え、「白いタオル」で世界へ【愛媛県・今治市】

第10章 トヨタ出身・Iターン若者の「持続可能な」離島づくり【島根県・海士町】

解説 「鍵を握る、若者、ヨソ者、ITパワー」

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
新書大賞に輝いた『地方消滅』著者・増田寛也さん(日本創成会議座長)による最新刊。消滅を避けるための”解決篇”です。
本書では、安売り栗が、5粒1万円で売れた熊本県の村、本州で最も人口の少ない自治体ながら花粉症に効くみかん等で3.5億円を売り上げた村など、10の成功事例を紹介。
鍵を握るIT、若者、ヨソ者とは。補助金頼みから自立し、農協など地元コンサバ勢力とどう共存するか。踏み込んだ解説は必読!
商品情報
書名(カナ) チホウソウセイビジネスノキョウカショ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2015年08月30日
ISBN 978-4-16-390316-3
Cコード 0095

著者

増田 寛也

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く