単行本
単行本

欽ちゃんの、ボクはボケない大学生。73歳からの挑戦

萩本欽一

  • 定価:本体1,400円+税
  • 発売日:2016年04月23日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

二〇一五年一月、社会人特別入試枠で合格した欽ちゃん。七十三歳の大学生活は、一体どうなる?
毎日一番前の席で講義を受け、テスト勉強に四苦八苦、はじめての学食に感激し、陸上部の“スペシャルサポーター”に就任……。大学は本当に「ボケ防止」にいいの?
四月の入学式から始まり冬休みの三月まで、山あり谷ありの一年間をレポート!

4月
入学式では嬉しいことがたくさんあったんだよ。

5月
ところがどっこい、ぼくは講義にほぼ毎日出ている。

6月
女の子たちに誘われて、初めて「学食」に行ったよ。

7月
道草や寄り道が楽しいのは講義も一緒。

8月
実は、いくつかの試験に出席しなかったんだ。

対談 白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長)
「たいへん立派な『成人病予備軍』です」

9月
同級生たちも、久々に会うと顔つきが「大学生」になっている。

10月
スーツ姿の学生の顔がぱっと輝いたのは嬉しかったね。

11月
駅伝チームの「スペシャル・サポーター」に任命されちゃった。

12月
大学生活は、仕事についても考えさせられるから面白いね。

1月
何だか胸が詰まって、僕は感動してしまったよ。

2月
テストがないのだと思うと、どうしたって気合いが入らない。
「学生としての一年間」はこんなに早く過ぎていくんだ。

3月
対談 大八木弘明(駒澤大学陸上部監督)
「欽ちゃんが来てくれると、みんなの顔が綻ぶんですよ」

(目次より)

担当編集者より
七十三歳にして大学生になるという欽ちゃんの挑戦に、驚いた人は多いはず。まったく勉強したことがない英語に苦労し、それでも自分なりの単語の覚え方、ノートの作り方を工夫して、教室の一番前の席で授業を受けて乗り越えていく様子には、学校の勉強に苦労した日々を思い出させられずにはいられません。「ボケへの戦い」としてのチャレンジだそうですが、辛い思いをするだけではなく、先生や周りの若い“同級生”たちも巻き込んでいくのは欽ちゃんならでは。老いてもなお学ぶことの楽しみがあることに感銘を受けます。
商品情報
書名(カナ) キンチャンノボクハボケナイダイガクセイ ナナジュウサンサイカラノチョウセン
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 小口折 並製カバー装
初版奥付日 2016年04月25日
ISBN 978-4-16-390447-4
Cコード 0095

著者

萩本 欽一

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く