作品紹介

知らない人は基礎の基礎からよくわかる、知ってる人なら頭の整理に役に立つ「ニュースの教室」決定版。世界のパワーバランスが変化し混沌さを増す中で、日本はどんな道を歩むべきか?

(目次から)
①アメリカ トランプか、ヒラリーか? 世界を揺るがすパワーゲーム
同性婚と「宗教の自由」が対立?/トランプ「イスラム教徒入国禁止!」/サンダース躍進! 党員集会を取材した/最高裁判事死去も争点に/トランプ独走を許すのは?/悪夢のシナリオ/FRB,ついに金利引き上げ/原油価格下落で金融危機再来?

②EU “女帝”メルケルはEU崩壊を防げるか?
中東から難民押し寄せ、EUがパニック/「ギリシャ神話」と地政学/サミットはどうなっている?/地球温暖化防止「パリでの約束」なるか/ベルギー連続テロ

③中東 ISの力を地政学から考える
イランの核開発阻止できる?/トルコ内での対立が日本にまで/シリアめぐり世界は混沌/「第五次中東戦争」は起きるのか/アメリカの心変わりにサウジ激怒

④ロシア 逆らう者は許さない“皇帝”プーチン
クリミア半島はいま/ヤルタ会談の三巨頭銅像のイメージ操作/「おそロシア」になってしまった/メディアの広告収入絶つという発想

⑤中国 習近平は大人の国にできるのか
南シナ海、波高し/中国株はなぜ暴落したのか/人民元引き下げが世界を揺るがす/中国、「二人っ子政策」へ/香港で反中国書店幹部を「拉致」か

⑥日本 祖父・岸信介に並びたい? 安倍首相の動機
忖度、忖度、そして忖度……/軽減税率と新聞業界/次々と「内閣改造」をする理由/最近の政治家は劣化したのか?/「矢」なのか「的」なのか/マイナス金利の衝撃/安倍談話のジレンマ/そもそも日本は謝罪したのか?/「ポツダム宣言読んでいない」発言/「南京大虐殺」とは何か/「砂川判決」とは何か/自衛隊員の身分はどうなる?

担当編集者より
「週刊文春」人気連載「池上彰のそこからですか!?」をもとにした本書。振り返ると、この一年は大きな国際ニュースが目白押しでした。アメリカ大統領選、IS、テロ、難民、ウクライナ併合、中国の南シナ海進出……。世界のパワーバランスが変わり混沌さを増す中、日本も安保法制で自らのルールを大きく変えました。これは世界の激変に対応したものか、それとも…? 知っている人も知らない人も、池上さんの的確な解説で頭を整理しましょう!
目次
はじめに

①アメリカ トランプか、ヒラリーか? 世界を揺るがすパワーゲーム
同性婚と「宗教の自由」が対立?/トランプ「イスラム教徒入国禁止!」/いよいよ前哨戦開始!/サンダース躍進! 党員集会を取材した/最高裁判事死去も争点に/トランプ独走を許すのは?/悪夢のシナリオ/キューバとの国交正常化はなぜ?/「南軍旗」を知っていますか?/FRB,ついに金利引き上げ/原油価格下落で金融危機再来?
②EU “女帝”メルケルはEU崩壊を防げるか?
中東から難民押し寄せ、EUがパニック/EU、ついに音を上げる?/「ギリシャ神話」と地政学/サミットはどうなっている?/地球温暖化防止「パリでの約束」なるか/ベルギー連続テロ/E・トッド対談

③中東 ISの力を地政学から考える
イランの核開発阻止できる?/トルコ内での対立が日本にまで/「イスラム国」とは何か?/シリアめぐり世界は混沌/「第五次中東戦争」は起きるのか/アメリカの心変わりにサウジ激怒/M・ヴィヴィオルカ対談

④ロシア 逆らう者は許さない“皇帝”プーチン
クリミア半島はいま/ヤルタ会談の三巨頭銅像のイメージ操作/「おそロシア」になってしまった/メディアの広告収入絶つという発想/対「イスラム国」にロシアも参戦!?

⑤中国 習近平は大人の国にできるのか
“思春期”迎えた中国/シンガポール「建国の父」の二面性/南シナ海、波高し/中国株はなぜ暴落したのか/人民元引き下げが世界を揺るがす/中国、「二人っ子政策」へ/香港で反中国書店幹部を「拉致」か

⑥日本 祖父・岸信介に並びたい? 安部首相の動機
忖度、忖度、そして忖度……/普天間移設めぐり国と県が衝突/軽減税率と新聞業界/次々と「内閣改造」をする理由/最近の政治家は劣化したのか?/「矢」なのか「的」なのか/マイナス金利の衝撃/安倍談話のジレンマ/そもそも日本は謝罪したのか?/「ポツダム宣言読んでいない」発言/「南京大虐殺」とは何か/安保条約の実質改定だ/「砂川判決」とは何か/自衛隊員の身分はどうなる?

あとがき
商品情報
書名(カナ) イケガミアキラノコレガセカイヲウゴカスパワーダ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2016年05月15日
ISBN 978-4-16-390452-8
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document