単行本
単行本

晴れの日には藍千堂菓子噺

田牧大和

  • 定価:本体1,500円+税
  • 発売日:2016年06月20日
  • ジャンル:歴史・時代小説
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じシリーズの本一覧を見る

作品紹介

晴太郎が恋をした!? 江戸の菓子所「藍千堂」シリーズ第2弾

穏やかで実直、菓子づくりのことばかり考えている兄・晴太郎が惚れたのは、訳ありの女画師だった。店を守るため、弟・幸次郎は兄を止めるのだが――。

煉羊羹に柏餅、金平糖など、晴太郎が工夫を凝らして丁寧に作り上げる季節のお菓子も色を添える、江戸人情小説。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
好評の「藍千堂」シリーズ、第2弾
商品情報
書名(カナ) ハレノヒニハ アイセンドウカシバナシ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2016年06月20日
ISBN 978-4-16-390473-3
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く