作品紹介

彼の悲しみは彼のものなのだ。
でもよく似た悲しみを、私もまた知っている。

選考委員全員が◯を付けた、オール讀物新人賞受賞作を含む鮮烈なデビュー作。

この人は、ただひたむきに人間の再生を描こうとしている。
どの一編にも、心が救われる瞬間が、深く刻まれていた。
ーー白石一文

〈著者コメント〉
傷ついている人、立場の弱い人、大切なものを失った人。どこにでもいるけれども、悲しみを抱えているとは傍目に分からない人たち。そんな人々にスポットライトを当てて、彼らがそれぞれの救いをつかみとっていく道筋を、五つの物語の中に描き出しました。どの物語の最後にも、必ず、彼らなりの光が待っています。
なんだか疲れてしまって、昨日までカラーだった世界が、急に彩りを失ったように感じるとき。ひとりぼっちで、何もかもがモノクロの世界の中へ、迷い込んでしまったように感じるとき。どうかこの本を開いてみてください。読んでくださった方の視界にもう一度、豊かであたたかな色彩が戻ってくるように、そんな願いを込めて書き上げた作品達です。

〈著者プロフィール〉
香月夕花(かつき・ゆか)
1973年生まれ。大阪府出身。京都大学工学部卒。2013年「水に立つ人」で第93回オール讀物新人賞を受賞。

商品情報
書名(カナ) ミズニタツヒト
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2016年09月30日
ISBN 978-4-16-390528-0
Cコード 0093

著者

香月 夕花

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く