単行本
単行本

乳酸菌、宇宙へ行く

ヘルシスト編集部編

  • 定価:本体1,500円+税
  • 発売日:2017年03月16日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

一大ブームとなった腸内フローラ。今や人間の健康に腸内環境を整えることが欠かせないのは常識となった。その数100兆個以上といわれる腸内細菌のバランスに大きな影響を及ぼすのが乳酸菌・ビフィズス菌を始めとするプロバイオティクス。腸内フローラを整える働きをもつ微生物を指す。医師も病院もない宇宙空間で長期滞在する宇宙飛行士が乳酸菌を摂取すれば、免疫機能や腸内環境にどのような影響があるか。そんな実験も始まろうとしている。乳酸菌は、果たして究極の予防医学となりうるのだろうか。
科学に基づいた遺伝子レベルでの最新情報とともに、健康を保つために最適な乳酸菌とのつきあい方を紹介する、腸内フローラ研究の決定版。

担当編集者より
ふだん何となく健康にいいと思っていた乳酸菌飲料が、なぜ、どのように腸内の環境に影響を与えているのか。そして、「いつ飲むのがいいのか」。知りたくてわからなかった情報満載の一冊です。これまでの腸内フローラ本に飽き足りない人にもおすすめです。
目次
第1章 体と健康の「ヒーロー」になった腸内細菌
◆ようやく見え始めた腸内細菌の「姿」
◆メタゲノム解析で急展開した腸内フローラ研究
◆赤ちゃんの腸内細菌はどこからやってくる?
第2章 腸内フローラが育てる免疫機能
◆腸内細菌は人間の“味方”なのか“敵”なのか
◆腸内フローラを構成しているのはどのような菌か
第3章 全身に及ぶ腸内フローラの影響
◆有能な乳酸菌の性質とは?
◆脳と腸の密接な関係「脳腸相関」
◆見えてきた日本人の腸内フローラ「標準値」
第4章 気になるダイエット、美肌、老化防止と腸内フローラ
◆フードファイターはなぜ太らない!?
第5章 めざせ「腸内ガーデニング」の達人
◆乳酸菌は生きて届かないといけないの?
◆乳酸菌飲料はいつ飲むのがいい?
商品情報
書名(カナ) ニュウサンキン ウチュウヘイク
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2017年03月15日
ISBN 978-4-16-390599-0
Cコード 0095

著者

ヘルシスト編集部編集

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く