作品紹介

『神の雫』原作者が書いた初のワイン小説!

不動産会社に勤める入社4年目のOL桜木紫野は、初めて参加したワイン会でベンチャーの若手旗手、織田一志と出会う。
ある事件で身動きがとれなくなった織田の代理で、紫野はさまざまなワイン会を巡る。そこは男女の愛情と欲望と打算が渦巻く場でもあった。
ワインに引き寄せられた人々の熱情と宿命に、紫野も巻き込まれてゆく……。

藤田晋氏、佐々木希さん大絶賛!

○藤田晋氏(株式会社サイバーエージェント代表取締役)
私も気のおけない仲間とワイン会を楽しみますが、人生にこれほど充実した時間がある
でしょうか。ワインが極上の一本ならばそれは至福のときになります。
樹林さんの小説はその極上のワインのような味わいがありました。

○佐々木希さん(女優)
主人公のキャラクターの魅力、そして意表をつくストーリー展開に、読み始めたら止ま
らなくなりました。
ワインの知識も増え、読み終えた後にワインを飲みたくなりました。

担当編集者より
大ヒットコミック『神の雫』の原作者が初めて書いたワイン小説だけあって、あたかも『神の雫』のごとく、章ごとに1本のワインが主役となって言葉で表現され、読んでいると思わず飲みたくなってしまいます。ハイソなワイン会という一般には縁遠い世界で何が行われているのか。そこに集まる人々の輝きと闇が、ヒットコミックを手がける著者ならではのスピード感をもってドラマチックに描かれます。装幀は『神の雫』の作画もするオキモト・シュウ氏が、小説の世界をイラストで表現してくれました。
目次
第1会
DRCエシェゾー2009年
第2会
シャトー・マルゴー1981年
第3会
ドン・ペリニヨン・ロゼ2004年
第4会
シャトー・ディケム1910年
第5会
ドメーヌ・フルーロ・ラローズ
モンラッシェ1991年
商品情報
書名(カナ) トウキョウワインカイピープル
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 その他 ニューハードカバー装
初版奥付日 2017年11月15日
ISBN 978-4-16-390751-2
Cコード 0093

著者

樹林 伸

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く