作品紹介

◎なぜ日本テレビは勝ち続けるのか?◎

「1994年‐2003年、2011年‐2017年、視聴率トップ。
すべてはフジテレビを逆転した94年に始まった。」

1994年、日本テレビがフジテレビを逆転した――。
フジはそれまで12年間に渡り、年間視聴率三冠王者に君臨し続けてきた絶対王者だ。
対する日本テレビは1980年代に入り、在京キー局の中で三位が定位置になり、
ひどい時は最下位がすぐ背中に迫ることも。
テレビ草創期に黄金時代を築いた日テレは苦汁をなめ続けていた。

そんななか、30代を中心とした新世代の作り手たちが原動力となり「逆襲」が始まる。
〝失敗〟を重ねてきたテレビ屋たちは、いかにして絶対王者を破ったのか。
『投稿!特ホウ王国』『電波少年』『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』『THE夜もヒッパレ』『マジカル頭脳パワー!』『恋のから騒ぎ』など伝説的なバラエティ番組はいかに作り上げられたのか。
当時のクリエイターたちの証言からその奮闘の軌跡を追い、
今やテレビ界を支える日本テレビ「最強バラエティのDNA」に迫る。


【目次】
序章 日本テレビのいちばん長い日
――『24時間テレビ』

◎第1部
今では信じ難いが80年代の日テレは長い低迷期に苦んでいた。
視聴率争いは3位が定位置。12年間にわたり三冠王に輝くフジの背中は遥かに遠かった。
だがついに反撃の狼煙が上がる。原動力は日テレの良い時代を知らない新しい世代。
6年ぶりの新卒組や中途採用第一号がクイズ番組で次々と実験的な試みを始める。

第1章 〝落ちこぼれ.たち
――五味一男と「クイズプロジェクト」

第2章 覚醒
――『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』『マジカル頭脳パワー!!』

第3章 緑色の血液
――吉川圭三と『世界まる見え!テレビ特捜部』

◎第2部
新世代が築いた知的エンタメ路線。だが正攻法だけでは絶対王者フジには届かない。
ミュージシャンの夢を諦めたテレビ屋と失格の烙印を押された落第ディレクター。
はみ出し者たちが日テレに勢いをもたらす。無名だったダウンタウンの長尺漫才番組、
そして「アポなし突撃」という伝説的企画が生まれるまで。

第4章 異端の二人
――土屋敏男と菅賢治

第5章 無謀なミッション
――『進め!電波少年』『ガキの使いやあらへんで!』

◎第3部
「お前らがやりたいこと明日から全部やれ」。30代のつくり手の背中を強く押したのは
氏家齊一郎だ。読売新聞から来た社長の即断即決の姿勢なしに日テレの改革は有り得なかった。
「何が何でも視聴率でトップをとれ」という氏家のもと、
50代の黄金世代も発奮。テレビビジネスの常識を覆す編成が誕生する。

第6章 黄金世代
―― 佐藤孝吉と『追跡』

第7章 敗者復活戦
――氏家齊一郎と萩原敏雄

◎第4部
猛追を受けたフジテレビもむろん黙っていない。異例のごぼう抜き人事を敢行。
若き編成トップのもと、「月9」ドラマ枠をつくり、90年代を代表する
トレンディ路線を確立。また「日本の朝はこれでいいのか」と掲げ、絶対的な朝の番組
『ズームイン!!朝!』に切り込んだ。宿敵から見た躍進する日テレの姿とは。

第8章 フジテレビの危機
――「月9」と『めざましテレビ』

◎第5部
若き世代、異端児、そして即断即決のリーダー。日テレ逆襲の準備は整った。
50%の大改編が奏功し、年始からフジを追い立て年間王者は射程圏内。しかし
10月、一気に形勢逆転を許す。それは皮肉にも日テレ「最大の武器」によるものだった――。
『イッテQ!』『行列』など今につながる日テレのDNAに迫る。

第9章 神がかった改編
――『特ホウ王国』『恋のから騒ぎ』『夜もヒッパレ』『家なき子』

第10章 0・01%の決戦

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

商品情報
書名(カナ) ゼンブヤレ ニホンテレビ エゲツナイカチカタ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 ニューハードカバー装
初版奥付日 2018年05月10日
ISBN 978-4-16-390844-1
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る