作品紹介

漂着した女真の王女と「韃靼」へ渡り、満州武士団の一員として明から清への王朝交代に立ち会った肥前松浦藩士、庄助の数奇な生涯

担当編集者より
江戸時代初期、漂着した女真族の王女を送って「韃靼」の地へ船出した肥前松浦藩士・桂庄助は、運命のいたずらから満洲武士団の一員として明から清への王朝交代という世界史の大転換に立ち会うことになった……。司馬氏最後の長編小説です。物語の背景に激動する十七、八世紀の東アジア全域を置き、日本、中国、満洲、朝鮮の各民族の文化的骨格を浮かび上がらせた、壮大なスケールのロマンです。(TA)
商品情報
書名(カナ) シバリョウタロウゼンシュウ ダッタンシップウロク
ページ数 600ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製函入
初版奥付日 1998年11月10日
ISBN 978-4-16-510520-6
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く