作品紹介

敗戦に至る昭和前期の愚行の原因を求めて、具体的事実に則しながら日本の原型を最深奥部まで考え抜いた半世紀に亘る思考の総決算

担当編集者より
司馬さんの出発点は、あの敗戦の八月十五日にあります。何故、日本はこんな愚かな戦争を始めたのか? 昭和に入っての僅かな時期を除けば、この国の人間たちは、もっと謙虚で知恵に満ちていたはずだ。日本と日本人の原型を最深奥部まで考え抜き、二十三歳の自分の疑問に答える手紙のように、突然の逝去の日まで書き続けた「この国のかたち」には、二十一世紀を迎える私たちの指針となる叡知が満ち溢れています。(TA)
商品情報
書名(カナ) シバリョウタロウゼンシュウ コノクニノカタチ イチ
ページ数 552ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製函入
初版奥付日 2000年01月10日
ISBN 978-4-16-510660-9
Cコード 0395

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く