新書
新書

日本の司法文化

佐々木知子

  • 定価:本体680円+税
  • 発売日:2000年02月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

死刑制度があるのに世界一軽い刑罰。超精密司法といわれる日本の刑事司法の特徴を各国司法界の人々との交流の中で浮き彫りにする

担当編集者より
筆者の佐々木さんは、横溝正史賞を受賞した推理作家、元検事で、現参議院議員。検事時代には、国連アジア極東犯罪防止研修所で、各国の司法関係者と交流を深め、日本の刑事司法制度が国際的に見て、きわめてユニークなものであることを思い知る。一言で言えば「超精密司法」。その構造を国民文化の反映と見て、縦横に平易に説き明かしたのがこの一冊です。(SK)
商品情報
書名(カナ) ニホンノシホウブンカ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2000年02月20日
ISBN 978-4-16-660089-2
Cコード C0232

著者

佐々木 知子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く