新書
新書

ケータイのなかの欲望

松葉仁

  • 定価:本体680円+税
  • 発売日:2002年01月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

そして誰も手放せなくなった「小箱」の秘密

船舶・自動車電話に始まり、iモードや次世代機としてさらに変貌を続けるケータイ。その進化のプロセスから人間の欲望を抉りだす

担当編集者より
これほどまでに疎(うと)まれながら、これほどまでに普及した道具も珍しいでしょう。半世紀前、船舶電話に始まった移動電話は、いつの間にか現代人の手のひらにフィットし、誰も手放せなくなった。そして今もなおiモードから次世代機へと進化をつづけています。といっても、これは単なる携帯電話の歴史についての解説書ではありません。人類がケータイにどんな夢を託し、ケータイがどんな暮らしを可能にしてきたのかを探った本書は、それを持つひとも持たないひとも必読です。(UT)
商品情報
書名(カナ) ケータイノナカノヨクボウ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2002年01月20日
ISBN 978-4-16-660223-0
Cコード C0265

著者

松葉 仁

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く