新書
新書

文春新書

漱石・鴎外は源氏を読んだか文豪の古典力

島内景二

  • 定価:本体700円+税
  • 発売日:2002年08月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

口語訳が日本人の「魂のDNA」を衰退させた!

明治期の文豪たちは『源氏』を読みこなせたのか? 数々の口語訳が衰退させた日本人の「魂のDNA」を気鋭の文学探偵が発掘する

担当編集者より
果して明治期の文豪たちは、究極の古典『源氏物語』を読みこなせたのか? 彼らは源氏に学び、源氏を超えた。だからこそ日本の近代文学の礎ともなれたのです。が、それ以降、日本人の「古典のDNA」は衰退の一途をたどります。明治四十五年(大正元年)という年に与謝野晶子の現代語訳が出現したのは象徴的でしょう。古典なくして近代はない。まして日本文化の未来もない。これは古典力の復権を訴える熱き問題提起の書です。(UT)
商品情報
書名(カナ) ソウセキオウガイハゲンジヲヨンダカ ブンゴウノコテンリョク
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2002年08月20日
ISBN 978-4-16-660264-3
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く