作品紹介

五七五の秘境にはまってみよう

たった十七文字の世界がなぜこんなに面白いのか。芭蕉、子規、虚子たちの人間くさい謎にビックリしながら俳句を作りたくなる一冊

担当編集者より
俳句の世界には家元がいます。結社を作って仲間だけの雑誌を出して、閉鎖的に活動しています。そのようなシステムを発明したのは高浜虚子でした。なんとも非文学的なやり口ですが、しかし、虚子の句はやっぱり素晴らしい。そこが“五七五”の摩訶不思議なところです。芭蕉、子規をはじめとする多くの俳人たちの句を鑑賞し、彼らの人間像を浮かび上がらせながら、読者を「ひとつ俳句を作ってみるか」という気にさせる前代未聞の俳句入門。(AM)
商品情報
書名(カナ) ヤツアタリハイクニュウモン
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2003年09月20日
ISBN 978-4-16-660338-1
Cコード C0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document