作品紹介

「自由の女神」「原爆ドーム」「知床」……、では富士山は?

欧州、アジアなど各地に残り、人類史を体現する世界遺産。そのダイナミズムを徹底解剖。本書を読めば、旅の楽しみも倍増する!

担当編集者より
白神山地に熊野、知床と日本各地に誕生した「世界遺産」。その一方で、広島の原爆ドームも登録済であること、ご存知でしたか?2005年現在、全世界で812件。世界遺産はTVや雑誌の影響で人気の旅行スポットとなった反面、各遺産の歴史的背景は意外と知られていないのも、また事実。世界遺産の成り立ちから知られざる秘話、人気の秘密まで、その魅力を余すところなく紹介する「紙上旅行」へ皆さんをご案内する一冊です。(SH)
商品情報
書名(カナ) タビスルマエノセカイイサン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2006年05月20日
ISBN 978-4-16-660503-3
Cコード C0295

著者

佐滝 剛弘

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く