文春新書

犬と話をつけるには

多和田 悟

  • 定価:本体680円+税
  • 発売日:2006年06月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

駄目な犬の困った飼い主にならないために

盲導犬を育てて三十年、魔術師と呼ばれる訓練士が、犬との会話法を伝授する。「エサをくれる人」も尊敬される飼い主へ昇格できる

担当編集者より
訓練の仕上げに、著者はいつも犬と話をつける。「お前、盲導犬になる気があるか?」盲導犬クイールを育て、「魔術師」と呼ばれる訓練士も、これまで家庭犬について考える機会は少なかった。本書では、犬の躾けに大切な、犬との「会話法」を紹介。会話は、まず相手を知ることから始まる。犬は明日のことを考えない、犬は後悔しない——「犬を知るための五箇条」を読むと、人間がいかに思い込みで接しているかわかる。著者の説く「犬に尊敬されない人」像は、誰が読んでもタメになる。(AI)
商品情報
書名(カナ) イヌトハナシヲツケルニハ
ページ数 176ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2006年06月20日
ISBN 978-4-16-660508-8
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く