文春新書

美しい国へ

安倍晋三

  • 定価:本体730円+税
  • 発売日:2006年07月21日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「日本」という国のかたちが変わろうとしている。保守の姿、対米外交、アジア諸国との関係、社会保障の将来、教育の再生、真のナショナリズムのあり方……その指針を明示する必読の書。

担当編集者より
二十一世紀、小泉政権が誕生して以降、日本政治は数々の難局に直面してきました。9・11同時多発テロに端を発するイラク戦争。少子高齢化社会を見据えた年金改革。ナショナリズムに関する議論。そして、北朝鮮による拉致問題。いずれも解決までは、まだ時間を要する問題です。では、わが国はどう対処したらよいのか?……その疑問への処方箋を示しつつ、自身の政治哲学を綴ったのが本書。現職の内閣官房長官が書き下ろした話題の一冊です。
商品情報
書名(カナ) ウツクシイクニヘ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2006年07月20日
ISBN 978-4-16-660524-8
Cコード 0231

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く