新書
新書

夢と魅惑の全体主義

井上章一

  • 定価:本体1,300円+税
  • 発売日:2006年09月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「建築」が浮き彫りにするファシズムの正体

ヒトラー、ムソリーニ……独裁者たちが「建築」へ託した情熱と夢に、建築家はいかに応えたか。そして日本ファシズムの謎とは?

担当編集者より
風俗史の分野で話題作を連発する井上氏ですが、大学・大学院時代の専攻は“建築”。そんな井上氏による直球勝負の一冊。ムソリーニはベネチア宮殿とコロッセウムを結び、自らの姿を古代ローマの栄光に重ね合わせた。ヒトラーはベルリンの巨大な都市改造を志した――。独裁者たちが「建築」に託した夢を世界的な視野で辿ります。一方、戦時下の日本に現れたのはバラックの群れでした。日本は“ファシズム”だったのか? 建築からファシズムの正体が明らかになる様は興奮の一言です。(FH)
商品情報
書名(カナ) ユメトミワクノゼンタイシュギ
ページ数 432ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2006年09月20日
ISBN 978-4-16-660526-2
Cコード C0230

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く