新書
新書

ミサイル不拡散

松本太

  • 定価:本体800円+税
  • 発売日:2007年01月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ミサイル開発を進める“懸念国”と国際社会の駆け引き

北朝鮮の弾道ミサイル発射は世界を震撼させた。核兵器も運搬可能な重要兵器であるミサイルを巡る、国際社会の激しい攻防を描く

担当編集者より
2006年7月5日、北朝鮮による日本海へのミサイル発射は、日本のみならず国際社会を大きく揺さぶりました。ミサイルは核兵器を実際に戦略化させる重要兵器。北朝鮮、パキスタン、イランなど“懸念国”はネットワークを作ってミサイル開発と調達を進め、一方、国際社会は懸念国を包囲する駆け引きを続けています。著者は外務省の不拡散・科学原子力課で、ミサイル不拡散を直接担当してきました。世界の最前線での、懸念国と国際社会のぎりぎりの攻防を描き出します。(FH)
商品情報
書名(カナ) ミサイルフカクサン
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2007年01月20日
ISBN 978-4-16-660551-4
Cコード C0231

著者

松本 太

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く