新書
新書

文春新書

法律の世界地図

21世紀研究会編

  • 定価:本体800円+税
  • 発売日:2007年09月21日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

法律を知れば、その国の文化や歴史まで見えてくる

シンガポールでは、自分の家の木でも切ってはいけない!? 古今東西の法律に関する逸話から見えてくる世界の文化・歴史の意外な姿

担当編集者より
気鋭の研究者集団「21世紀研究会」が送る『世界地図』シリーズの最新作。国際化が進むと共に海外で法律絡みのトラブルに巻き込まれる可能性も高くなりました。背景には、条文の違いのみならず、法律の裏にある宗教・文化・歴史の違いがあります。本書では、近代法が成立するに至る歴史を踏まえながら、世界の法律事情を紹介。欧米、イスラーム、中国の文明間での法律観の違いや、「へんな」法律からわかる各国の意外な姿など、文明社会の偉大さと馬鹿馬鹿しさの両方を堪能できます。(SK)
商品情報
書名(カナ) ホウリツノセカイチズ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2007年09月20日
ISBN 978-4-16-660589-7
Cコード 0232

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く