新書
新書

文春新書

若き世代に語る日中戦争

伊藤桂一 野田明美・聞き手

  • 定価:本体710円+税
  • 発売日:2007年11月20日

作品紹介

一兵卒が見た、日本軍、中国軍、慰安婦の真の姿とは?

実際に中国で戦い、戦後数々の戦争文学を手がけた著者が語る、体験的日中戦争史。軍隊の常識から慰安婦まで、戦争の実相がここに

担当編集者より
あの戦争の従軍者が少なくなってゆく中、七年間一兵卒として中国で戦い、戦後は多くの戦記小説を手がけてきた直木賞作家が、次代のために改めて日中戦争の真実を語る。日本、国民党、共産党、地方軍閥の各軍が群雄割拠する戦況。弱いのに負けない共産党軍の不思議。極限状況で生じる戦友・軍馬との厚い友情や従軍慰安婦達との純粋な心の交流。任務に対する一途な思いと、無思慮な上層部への怒り。そして戦後、戦中派が抱き続ける孤独感。戦争とは何か? 兵士とはどんな人々か? 底辺の兵士達のリアルな姿と心情がここに。(SK)
商品情報
書名(カナ) ワカキセダイニカタルニッチュウセンソウ
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2007年11月20日
ISBN 978-4-16-660607-8
Cコード 0221

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く