新書
新書

文春新書

少年たちはなぜ人を殺すのか

キャロル・アン・デイヴィス 浜野アキオ訳

  • 定価:本体1,000円+税
  • 発売日:2008年04月21日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

不可解な殺人を犯した少年少女の心の闇を追う

なぜ彼らは人を殺したのか。どうすれば殺人は防げたのか。未成年による殺人事件13例をとりあげ、家庭環境、犯行、裁判までを追う

担当編集者より
近年、凶悪化しているといわれる少年犯罪。この問題は、日本だけのものでもなく、また現代だけのものでもありません。古くは19世紀後半から現在まで、英米両国で起こった少年による殺人事件をとりあげ、その真相に迫ろうとするのが本書です。殺人に至る少年たちの生活史を、著者は綿密にたどってゆきます。日本で起こった少年による殺人と恐ろしいほど符合するケースも。著者が提示する事実が告げるのは、「どんな親が子供を殺人者にしてしまうのか?」という重い問いなのです。(NS)
商品情報
書名(カナ) ショウネンタチハナゼヒトヲコロスノカ
ページ数 432ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2008年04月20日
ISBN 978-4-16-660632-0
Cコード 0298

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く