新書
新書

文春新書

蓮池流韓国語入門

蓮池 薫

  • 定価:本体760円+税
  • 発売日:2008年10月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ハングルを覚えなければ僕は生きていけなかった

サバイバルとして習得した語学の虎の巻であり、コミュニケーションギャップを通した日朝文化論でもある、蓮池さんだから書けた注目書

担当編集者より
蓮池さんは拉致被害にあい、「生きる手段」としてハングルを覚えざるをえませんでした。それから4半世紀、帰国後は、大学での語学講義や小説の翻訳を通して、日本と朝鮮の近くて遠い言語、文化、民族性の差異に思いをめぐらせてきました。本書では、サバイバルとして言語を習得した技法を明らかにしつつ、「現地」でのエピソードをふんだんに取り入れるなど、特異な体験をした蓮池さんにしか書けない本になっています。(FM)
商品情報
書名(カナ) ハスイケリュウカンコクゴニュウモン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2008年10月20日
ISBN 978-4-16-660659-7
Cコード 0287

著者

蓮池 薫

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く