作品紹介

いつの時代も大変だ。でも生き抜いてやる!

内職、家庭菜園、就職活動。妻子を食わすためなら何でもやるさ。将軍の影武者だった男の珍奇な生涯から浮かび上がる維新の真実

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
大正に入っても、克明に自分史を書き続けた山本政恒。将軍の影武者・警護役だった彼は、安政大地震、鳥羽・伏見の戦い、彰義隊の一戦に立ち会い、維新とともに失職……。浜松に移住し畑仕事に従事。のちに群馬県の役人に。50歳で帰京し、下谷に小間物屋を開業します。歴史の渦に巻き込まれつつも、懸命に「就活」をつづけ、大家族を養う苦労の日々。数奇な運命に抗しつつ、生真面目に奮戦・力闘した生涯。山本政恒の手になる達者なイラストも多数収録しました。無告の民の〈小さな幸せ〉をご味読ください。(WM)
商品情報
書名(カナ) バクマツカキュウブシノリストラセンキ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2009年01月20日
ISBN 978-4-16-660679-5
Cコード 0223

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く