新書
新書

文春新書

江戸城・大奥の秘密

安藤優一郎

  • 定価:本体690円+税
  • 発売日:2007年06月21日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

成田山、川崎大師も大奥さまさま

政治権力の揺籃にして、諸改革の最大の抵抗勢力・大奥。寺社も側用人も、大奥女中には敵わない。時代をリードした権力の秘密とは

担当編集者より
お杉戸から内のことは他言しない。そう熊野誓紙に署名して、大奥での勤めが始まったようです。しかし、実際にはお女中の手紙などが残され、そこから花園の実態が透けて見えてきます。老中の人事に口を出し、最高級の米を支給され、寺社に盛んに参拝する。そうです、今日の成田山、川崎大師の隆盛ももとをただせば、お女中の参詣が始まり。政治権力が交錯し、流行の発信源でもあった伏魔殿。秘密のヴェールを著者は惜しげもなく取り払ってみせます。(WM)
商品情報
書名(カナ) エドジョウオオオクノヒミツ
ページ数 184ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2007年06月20日
ISBN 978-4-16-660576-7
Cコード 0221

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く