作品紹介

癌を放置しても、実は大丈夫なことが多いのです

がんを放置したらどうなるか? 実は多くは、さして増大せず転移もせず、時には消えることもある。患者よ、慌てて治療に走るなかれ

担当編集者より
癌と分かったらほとんどの人がすぐに治療を開始します。しかし慶応大学病院の医師・近藤誠さんは「慌てて治療を始めず、しばらく様子をみたほうがいい」と言います。近藤さんの元には無治療で放置した患者さんがたくさんいて、その癌の多くは転移せず、ごくゆっくり増大するか、いつまでもそのままか、時には消えてなくなっているのです。慌てて手術や抗がん剤治療に走るのは損。本書を読めば、これまでの「恐怖の癌」のイメージが覆ります。(SH)
商品情報
書名(カナ) ガンホウチリョウホウノススメ カンジャヒャクゴジュウニンノショウゲン
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2012年04月20日
ISBN 978-4-16-660857-7
Cコード 0247

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く