作品紹介

学生時代に中川一郎元農林大臣の秘書となり、その後、実に40年間の長きにわたって永田町で戦ってきた一政治家の回想録です。項目としては、初めての師匠である中川をはじめ、田中角栄、福田赳夫、安倍晋太郎、金丸信から、小沢一郎、野中広務、田中真紀子、小泉純一郎、プーチンまで、さまざまな政治家たちとの知られざるエピソードをまじえながら、「政治の世界」の修羅場を語り尽くす。従来のムネオ事件への反論や検察批判ではなく、あくまで政治家が日常何を考えているのか、ウラで何をやってきたのか、に焦点を当てたものです。当事者ならではの角福戦争の内幕や、初めて明かされる大平政権時の中川・金丸らの新党構想など、読み物としてもたいへん面白い。同時に本書を読み進めていくと、政治にとってカネとは何か、権力闘争のあり方、人事をめぐる駆け引き、選挙対策の日常、官邸内部の秘密などなど、「永田町の論理」が浮かび上がってきます。著者・鈴木宗男が、「政権交代までの秘密をすべて明かす」という強い決意で書いた渾身の一冊です。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
自ら「地獄を見た」と言うほど、政界の数々の修羅場を潜り抜けてきた鈴木宗男さんが、いまだから語れる秘話を明かしたのが本書。角栄、福田赳夫、中川一郎、金丸信から、小沢一郎、田中真紀子、プーチンまでの抱腹絶倒、手に汗にぎるエピソードをはじめ、角福戦争の内幕、金丸らの知られざる新党構想など、読み物としても面白い。読み進むうちに、権力闘争、選挙、国会対策、人事をめぐる「永田町の論理」が浮かび上がってくる。(YS)
商品情報
書名(カナ) セイジノシュラバ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2012年06月20日
ISBN 978-4-16-660864-5
Cコード 0231

著者

鈴木 宗男

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く