作品紹介

金王朝の三代目・金正恩率いる北朝鮮。日米韓の度重なる制止を振り切るように核実験やミサイル発射を断行し、国際社会の秩序を乱すばかりでなく、経済制裁のあおりを受けて国内経済は疲弊し、それまでの配給制度が崩壊した後は地方を中心に餓死者も続出し、北朝鮮市民は日々のコメにも事欠く窮状を招いています。
こうした国内外の非難と窮乏をよそに、権力中枢では内紛、暗闘、そして独裁が止みません。いったい、この国の真の正体は、いずこにあるのでしょうか。
その真相に迫るのが本書。5年に及んだ朝日新聞ソウル特派員時代の取材を基に、金正日から金正恩への権力世襲の内実と、無手勝流の軍拡大と外交交渉の裏側を抉り出します。大宅賞を受賞したジャーナリストの船橋洋一さんも「インテリジェンス報道の最高峰」と絶賛しています。
7月27日の朝鮮戦争休戦協定60周年、9月9日の建国65周年を目前に控えて、その一挙一動に注目が集まる北朝鮮を知る上で、必読の1冊です。
【目次より】
第1章 金正日の病状悪化と死 第2章 新指導者、金正恩
第3章 北朝鮮の外交力 第4章 先細りする対外関係
第5章 核とミサイル 第6章 北朝鮮の軍事を巡る攻防 第7章 止まらない経済破綻

担当編集者より
金正日から金正恩への権力移譲の後、ミサイル発射に核実験など、暴走の度を増す北朝鮮。その包囲網を敷く日米韓も、彼の国の強かな交渉術に翻弄されるばかり。この無手勝国家の本質はどこにあるのでしょうか。
朝日新聞のソウル特派員を長く務めた著者による本書は、現地での豊富な取材を基に、膨張する軍の実態、金王朝の存続をめぐる側近実力者たちの権力抗争の暗闘、対外交渉における水面下の駆け引き、さらにはその影で窮乏する経済の実相を、描き出すインサイドレポートです。(SH)
商品情報
書名(カナ) キタヨウセンヒロク グン ケイザイ セシュウケンリョクノウチマク
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2013年07月20日
ISBN 978-4-16-660932-1
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く