文春新書

迷わない。

櫻井よしこ

  • 定価:本体800円+税
  • 発売日:2013年12月18日
  • ジャンル:随筆・コミックエッセイ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

日頃、筆鋒鋭く国内外の諸問題に警鐘を鳴らすジャーナリストの櫻井よしこさん。数多の著作がある櫻井さんですが、本書はこれまでの著作とはチョット違います。自身の半生を振り返りながら、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「生と死とは」など、人生の中で避けては通れない諸問題について語ります。
櫻井さんの半生は、実に波乱万丈です。ベトナム・ハノイで生まれて終戦後に日本に引き揚げ。大分県中津、新潟県長岡での生活を経て、高校卒業後にはハワイ大学へ。彼の地での父親との葛藤、勘当を経て、日本へ帰国後には英字紙の助手として仕事をスタートさせ、TVキャスターに起用されたのは34歳のときでした。
16年間のキャスター時代の間も、ニュース原稿をめぐって、辞任覚悟で番組のデスクとの大喧嘩に代表される「大組織とフリーランス」の苦悩に直面したこともあります。また、プライベートでは結婚、そして離婚という大波も経験しました。
いまは103歳になる母親の介護のかたわら旺盛な活動を繰り広げる櫻井さんの生き方は、人生の節目節目で岐路に立つあなたの「これからの生き方」のヒントになるのではないでしょうか。
【目次より】
第1章 「2DK貧乏記者」からの出発 ――「働く」とは
第2章 「皆様、こんばんは」の十六年 ――「テレビ」とは
第3章 楽観性の仕事術 ――「時間」と「情報」とは
第4章 目指すは「食う、寝る、歩く」の三冠王 ――「健康」とは
第5章 「豊かな人生」を生きるには ――「お金」とは
第6章 挫折と傷を引きずらない ――「生と死」とは
第7章 介護の支えは母の笑顔 ――「家族」とは

担当編集者より
櫻井さんには、TVキャスター就任までの日々を綴った自叙伝『何があっても大丈夫』という名著があります。本書では、その後も振り返りながら、人生を考えるヒントを提示してくれます。「仕事」「家族」「時間」「健康」「情報」「お金」、いずれも人間の営みには欠かせない大事なもの。これらと櫻井さんは、どう向かい合ってきたのでしょうか。アナタの人生にも大いに参考になること、請け合いです。(SH)
商品情報
書名(カナ) マヨワナイ
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2013年12月20日
ISBN 978-4-16-660943-7
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く