作品紹介

うつ病などの心の病にかかったり、ドラッグ、暴力などの問題を引き起こしたりするのは、実は「堕ちる力」を失った人である。私はそのことに診察室で気づいた──。
誰もが表向き「健全なクリーンさ」を演出する時代。
でも、人間ってそんなに明るく健全なものですか?
精神科医の説く21世紀の「新・堕落論」。

高学歴・一流企業に勤めるミナコ(20代)。不眠不休で働き続けて頭が真っ白になって来院。「そんなにがんばらなくていい」というアドバイスに、ミナコは言った。
「その、がんばらない方法を教えてください!」

居酒屋チェーン店の過重労働で様子がおかしくなっているのをみかねた妻に連れられてきたハヤト(30代)。完全にマインドコントロール下にあるハヤトを見て著者は思う。
「昔、新興宗教が果たしていた役割を、今はブラック企業が担っているのではないか?」

インスタグラムの「いいね!」が減るのが怖くてたまらず、行きたくないところへ行き、食べたくないものまで食べてフラフラになっている女性患者・・・・。

30年もの豊富な臨床経験を持つ著者が、「いまだかつてない上昇圧力の強い時代」に生きる人々の悲喜劇を通し、「堕ちることをおそれない」生き方を探る。

理想の上司、理想の夫婦、理想の親子、理想の母親──
もう、そんな理想の○○から思いきってストンと堕ちてしまおう。
堕ちてみないと、この快感はわからない。
香山リカの新境地ともいえる意欲作。

担当編集者より
学園祭の思い出といえば、酔っ払った大学生が池に落ちて……なんていうのは今は昔、現代は「アルコール・火気絶対禁止」、あくまで「学生らしく健全に」運営されるようになってきているのだそうです。会社からは喫煙室や給湯室が消え、死角がないようガラス張りに。しかし、そんな風に表向きの顔を明るくクリーンに演出すればするほど、人間は歪み、息苦しくなり、いつか壊れてしまう――。今こそ堕ちることを恐れず、「堕ちる力」を持つべき、と語る精神科医・香山リカさんの21世紀の「新・堕落論」です。(TI)
商品情報
書名(カナ) オチラレナイワタシ セイシンカイノノートカラ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2014年11月20日
ISBN 978-4-16-660999-4
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く