作品紹介

権力闘争に明け暮れる巨大メディアの実態に肉薄!

2014年、朝日新聞社は、慰安婦問題、吉田調書問題、池上コラム掲載拒否問題と、3つの不祥事に見舞われた。日本のマスコミ界にかつてない3大スキャンダルに表出した朝日新聞の内部で、いったい何が起きているのか──。
本書は現役の朝日新聞記者たちが、その取材力を朝日新聞そのものに発揮し、自分たちが働く会社の実態を克明に描き出す。
彼らが暴く朝日の病巣は、けっして「左翼」でも「反日」でもない。硬直化した官僚的組織、人事評価システム、派閥の暗闘……そうした極めて日本的な組織特有の病に冒されていることが、すべての元凶なのだ。それだけではない。朝日の場合、今回のような不祥事すら、新たな権力闘争の道具でしかないのだ。背筋が寒くなるようなモラルハザードが、そこにはある。
「改革者」として登場した歴代の社長たちがいかに権力闘争の渦に呑み込まれて行ったか、世紀の誤報の陰にどのような派閥力学が働いていたのか……そうした事実は、従来の朝日新聞像にまったく新たな光を当てるものである。
最後に彼らはこう警告する。
「極端な話、朝日新聞が残存する左派・リベラルの記者を一人残らず放逐したところで、今のような企業構造がある限り、こうした不祥事は必ずや繰り返されるはずだ」

担当編集者より
朝日新聞の記者たちが、その取材力を朝日新聞そのものに発揮し、自分たちが働く会社の実態を克明に描き出した作品です。
彼らが暴く朝日の本質は、けっして「左翼」でも「反日」でもありません。硬直化した官僚組織と人事システム、派閥の暗闘……そうした日本的な組織特有の病が、一連の誤報やスキャンダルにつながっていることがわかります。しかも幹部たちは、不祥事すらも権力闘争の道具に用いてきたというのです。
従来の朝日新聞像とは違う、まったく新たな企業研究ルポに仕上がっています。
目次
はじめに 朝日新聞の病巣は何か?
第1章 内側からみた朝日新聞
第2章 吉田調書問題の深層
第3章 慰安婦報道とは何だったのか
第4章 派閥、権力闘争、モラルハザード
第5章 企業としての朝日新聞研究
おわりに 朝日新聞が再生する条件
商品情報
書名(カナ) アサヒシンブン ニホンガタソシキノホウカイ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2015年01月20日
ISBN 978-4-16-661015-0
Cコード 0295

著者

朝日新聞記者有志

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く