文春新書

朴槿恵の真実哀しき反日プリンセス

呉 善花

  • 定価:本体780円+税
  • 発売日:2015年08月20日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

三年の任期を残すも死に体と化している朴槿恵・韓国大統領。韓国の政治はなぜかくも混乱するのか? 「過去清算」と「反日」になぜこれほど拘るのか? 日本人には分かりにくい韓国固有の社会原理を明らかにする。

(目次)
はじめに
序 章 戦後韓国と朴槿恵
第1章 朴槿恵の変節
第2章 窮地に陥った大統領
第3章 父・朴正煕を否定するまで
第4章 「過去清算」という韓国の病
第5章 「反日」の心理学

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
韓国大統領の朴槿惠の半生は、大統領の娘として生まれながら、父の朴正煕と母を暗殺で失い、自身も暗殺未遂を経験するなど不遇なものでした。その切ない境遇は、一人の人間として見た場合、十分同情に値します。しかし政治家として見た場合、厳しく批判せざるを得ません。三年もの任期を残しながら死に体と化している現政権は、行き詰まりを見せる今日の韓国社会を象徴しているからです。朴槿恵の半生を初めてトータルに描くと同時に、日本人には分かりにくい韓国固有の社会原理を解明した朴槿恵=現代韓国論です。
商品情報
書名(カナ) パククネノシンジツ カナシキハンニチプリンセス
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2015年08月20日
ISBN 978-4-16-661037-2
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く