作品紹介

驚異の「26期連続増収増益」ドンキホーテはいかにして生まれたか?
創業以来26年間連続で増収増益という前代未聞の偉業を達成。今年6月期には売上高約6840億円となったドン・キホーテ。創業者の安田隆夫・前会長は、普通の企業人とは異なるユニークな経営哲学の持ち主だ。
若い頃、安田氏は麻雀やパチンコで食いつなぎながら、悶々とした日々を送っていた。29歳の時、ディスカウント店「泥棒市場」を始めるが、商品は売れず、仕入先には騙され、たった1人で思い悩む日々……。
ある晩、遅くまで商品を荷解きしていると、飲み会帰りのサラリーマンが「それ、買える?」と声をかけてきた。よくよく観察していると、深夜にこそ売るチャンスが転がっていることに気づいた。それがドンキ飛躍のカギとなる「夜の市場」の発見だ。
だが、油断すると売り上げはたちまち落ちてしまう。社内管理を強化したが、それでも衰退は止まらない。そこで安田氏は思いきった策に出る。
①現場にすべて権限を委譲。仕入れから値付けまで現場にやらせ、上は口を出せない。
②営業目標は各個人に立てさせる。徹底的な成果主義。
大手小売業は司令塔(本部)が徹底的な管理をおこなう「チェーンストアモデル」を採用しているが、これらは完全な逆張りだ。だが、これが大成功する。社内に活気がみなぎり、売り上げも上昇を続けた。
その後もドンキは幾多の困難に見舞われたが、安田氏はそのたびに徹底的に自らを追い込んで苦悶しながら考え続け、「逆張り」の視点で災いを福に転じてきた。本人の言葉でいえば「はらわたで考えなければ、真のブレークスルーは生まれない」。
はらたわで考えるとはどんなことなのか? また、逆張りで勝つための方法論とは?
抜群に面白い波乱万丈の人生物語と、ビジネスの世界に新風を吹き込む独自の経営哲学……こんなにユニークな作品はない。

担当編集者より
創業以来26年間連続で増収増益という前代未聞の偉業を達成したドン・キホーテ。いまや売上高約7千億円を誇る巨大企業ですが、約35年前、わずか18坪の小さな雑貨屋「泥棒市場」から出発したことはあまり知られていません。
本書はドンキ創業者・安田隆夫氏の破天荒な人生と経営哲学を赤裸々に明かした一冊です。
若い頃、安田氏は麻雀やパチンコで食いつなぎながら、どん底の日々を送っていました。29歳を迎え、一念発起して「泥棒市場」を始めたものの、商品は売れず、仕入先には騙され、たった1人で思い悩む日々……。
ある晩、遅くまで商品を荷解きしていると、飲み会帰りのサラリーマンが「それ、買える?」と声をかけてきた。よくよく観察していると、都市部では夜型生活の客が多くおり、深夜にこそ売るチャンスがあることに気づいた。それがドンキの原点です。
安田氏は難題に直面するたび、「逆張り」の視点をもち、それをとことん突き詰めてきました。本人の言葉でいえば「はらわたで考えなければ、真のブレークスルーは生まれない」。また、社員にも「はらわたで考えさせている」といいます。
はらたわで考えるとはどんなことなのか? また、逆張りで勝つための方法論とは?
抜群に面白い波乱万丈の人生物語と、ビジネスの世界に新風を吹き込む独自の経営哲学……こんなにユニークな作品はありません。
商品情報
書名(カナ) ヤスウリオウイチダイ ワタシノドンキホーテジンセイ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2015年11月20日
ISBN 978-4-16-661052-5
Cコード 0295

著者

安田 隆夫

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く