文春新書

アンドロイドは人間になれるか

石黒 浩

  • 定価:本体730円+税
  • 発売日:2015年12月18日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

天才ロボット工学者・石黒浩とアンドロイドが、あなたの「常識」を覆す!

TVで人気のマツコ・デラックスさんそっくりのアンドロイド、マツコロイド。リアルさを追求するために毛穴を20万個持つマツコロイド──その生みの親が「世界を変える8人の天才」に選出されたこともある世界的ロボット工学者、石黒浩・大阪大学特別教授である。

美人すぎるアンドロイド・エリカ、不気味な外見なのになぜか人を虜にするテレノイド、人間国宝の故・桂米朝さんの名人芸を永久保存した米朝アンドロイド、自分そっくりのアンドロイド・通称イシグロイド……
世間の度肝を抜く斬新な発想で注目を集めてきた鬼才・石黒は、子どもの頃、「人の気持ち」がわからない子どもだったという。
大人になった今でもその正体がわからず、「人の気持ち」の謎を知りたいという思いから人工知能の研究、そしてアンドロイド開発・研究へと足を踏み入れた──。

アンドロイドが教えてくれる「人の気持ち」や「人間らしさ」の正体とは? 今まで常識と信じて疑わなかったことが次々と覆されていく様は鳥肌が立つほど面白く、またちょっと不気味でもある。

アンドロイドやロボットは、近い将来、必ずあなたの隣人となる。手塚治虫やSFが描いた未来はすぐそこまで来ている。最先端の場所に常に身を置く石黒浩の見ている未来をお見せしようではないか。
人間存在の本質に迫る興奮の知的アドベンチャー。これはもはや哲学だ!

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
TVでおなじみのマツコ・デラックスさんそっくりのアンドロイド、マツコロイド。毛穴を20万個持ち、人の話に自然に相槌を打つマツコロイドの生みの親がロボット工学者の石黒浩さんです。科学誌で「世界を変える8人の天才」に選ばれたこともある石黒さんは、天才であり、筋金入りの変人でもあります。逆転の発想で、アンドロイド研究から「人間らしさ」や「人の気持ち」の正体を探っていき、常識を覆していくさまは鳥肌が立つほど面白いです。まさに変人にしか成し得なかった研究……これはもはや哲学です!(TI)
目次
プロローグ
「人の気持ちを考える」
第1章 不気味なのに愛されるロボット──テレノイド
誰もが気味悪がるロボット
高齢者の話し相手として大人気
人間らしさと「不気味の谷」
落ち着きのない子が一瞬で静かに!

第2章 アンドロイド演劇
人間よりも人間らしい
アンドロイド演劇が映し出す「心」の正体

第3章 対話できるロボット──コミューとソータ
ロボットが家庭教師になる日
ロボットと赤ちゃんは同じ

第4章 美人すぎるアンドロイド──ジェミノイドF
生身の人間よりアンドロイドに夢中な男たち
ロボットが変える家族

第5章 名人芸を永久保存する──米朝アンドロイド
ロボットと宗教
ロボットが死生観を変える

第6章 人間より成績優秀な接客アンドロイド──ミナミ
ミナミの接客テクニック

第7章 マツコロイドが教えてくれたこと
マツコロイドにキスするとどうなったか
もう一人の自分

第8章 人はアンドロイドと生活できるか
ロボットは人間の敵なのか?
ロボットは当たり前の隣人になる

第9章 アンドロイド的人生論
「自分らしさ」など探すな

エピローグ
商品情報
書名(カナ) アンドロイドハニンゲンニナレルカ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2015年12月20日
ISBN 978-4-16-661057-0
Cコード 0295

著者

石黒 浩

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く