作品紹介

いまどき「天下り」スキャンダルで、事務次官までも辞任した文部科学省。
戦前は内務省文部局、戦中は陸軍省文部局、戦後も自民党文教局、日経連教育局などと揶揄され続け、つねに「三流官庁」視されてきた。

しかし、侮ってはいけない。

文部省はこの150年間、「理想の日本人像」を探求するという、国家にとってもっとも重要な使命を担ってきたのである。

明治維新後は「独立独歩で生きてゆく個人」、昭和に入ると「天皇に奉仕する臣民」、敗戦直後は「平和と民主主義の担い手」、そして高度成長時代には「熱心に働く企業戦士」――すべてに文部省は関与してきた。

そして、グローバリズムとナショナリズムが相克する今、ふたたび「理想の日本人像」とは何かを求める機運が高まっている。

気鋭の近現代史研究者である筆者が、イデオロギーによる空理空論を排し、文部省の真の姿に迫った傑作!

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
大蔵省(現財務省)や通産省(現経産省)についての本はたくさんありますが、文部省を正面から取り上げたものは、ほとんど目にしたことがありません。しかし、人間にとってもっとも大切なことのひとつである教育を所管してきたのは文部省なのです。天下りスキャンダルで、「やっぱり三流官庁だ」とみなされがちですが、この官庁にしっかりしてもらわなければ、日本人に未来はないのです。本書を読んで、あらためて感じました。
目次
第一章 文部省の誕生と理想の百家争鳴
(一八六八~一八九一年)
――「学制前文」から「教育勅語」まで

第二章 転落する文部省、動揺する「教育勅語」(一八九二~一九二六年)
――「戊申詔書」から「国民精神作興詔書」まで

第三章 思想官庁の反撃と蹉跌(一九二六~一九四五年)
――『国体の本義』から『臣民の道』まで

第四章 文部省の独立と高すぎた理想(一九四五~一九五五年)
――「教育基本法」から「国民実践要領」まで

第五章 企業戦士育成の光と影(一九五六~一九九〇年)
――「期待される人間像」から「臨教審答申」まで

第六章 グローバリズムとナショナリズムの狭間で(一九九一~二〇一七年)
――「教育改革国民会議報告」から「改正教育基本法」まで
商品情報
書名(カナ) モンブショウノケンキュウ リソウノニホンジンゾウヲモトメタヒャクゴジュウネン
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2017年04月20日
ISBN 978-4-16-661129-4
Cコード 0295

著者

辻田 真佐憲

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く