文庫
文庫

文春文庫

サンダカン八番娼館

山崎朋子

  • 定価:本体720円+税
  • 発売日:2008年01月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「からゆきさん」で知られる名作の新装版

九州天草で知り合った元「からゆきさん」の話をもとに近代日本の底辺を生きた女性たちを描く古典的ノンフィクション。読みやすい新装版

担当編集者より
“からゆきさん”——戦前の日本で十歳に満たない少女たちが海外に身を売られ、南方の娼館で働かされていた。そうした女性たちの過酷な生活と無惨な境涯を、天草で出会ったおサキさんから詳細に聞き取り綴った、底辺女性史の名著新装版。東南アジアに散った女性たちの足跡をたどるルポルタージュ『サンダカンの墓』も収録。
商品情報
書名(カナ) サンダカンハチバンショウカン
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年01月10日
ISBN 978-4-16-714708-2
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く