作品紹介

裕福な家庭で育つ奈知子と母の死により上京して働く久美。久美は好意を寄せる次郎と奈知子の仲をねたみ、ひき裂こうとするが……

担当編集者より
著者が、一九六四年から六六年にかけて雑誌「女学生の友」に連載し、評判をよんだ“幻の少女小説”の復活です。暖かい家庭で何不自由なく育ってきた奈知子と、早くに両親を失い、京都から上京して働くことになった久美。二人は、奈知子の義姉の弟・次郎を介して、偶然、出会います。久美は、奈知子と次郎が急速に親しくなっていくことを快く思わず、次郎を独占するために、二人の仲を引き裂こうとしますが、それが思わぬ事件に……。本書の青春群像には、懐かしさばかりでなく、新鮮さすら感じます。忘れかけていたあの頃を思い出す一冊として。(YN)
商品情報
書名(カナ) ワカイシンジュ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年07月10日
ISBN 978-4-16-716874-2
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く