文庫
文庫

京都で町家に出会った。古民家ひっこし顛末記

麻生圭子

  • 定価:本体590円+税
  • 発売日:2003年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

あこがれの京都・古民家暮らしの体験エッセイ

築七十年の町家を建築家の夫と修復して暮らし始めた麻生さん。すべて手作りの「究極の骨董」で毎日を遊ぶ、古風で美しい京都生活

担当編集者より
祇園祭で夏座敷に招かれて以来、町家の魅力にとりつかれた著者。何軒断られても諦めず、京都中の物件を探し回り、憧れの表屋造りではないけれど、築七十余年の町家で暮らし始めた。傷みきっていた壁や床、ダイドコから坪庭まで、建築家の夫と手作業で修復し、「古風な京都生活」を再現するまでの苦労と感動の一年。解説・大石静
商品情報
書名(カナ) キョウトデマチヤニデアッタ コミンカヒッコシテンマツキ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年07月10日
ISBN 978-4-16-718604-3
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く