文春文庫

淑女の休日

柴田よしき

  • 定価:本体667円+税
  • 発売日:2006年03月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ほんの束の間でいい。夢を、見させて——

女性に人気のシティリゾートホテルに「幽霊が出る」との噂が。私立探偵・鮎村美生は調査を開始。ところが、目撃者が殺されて——

担当編集者より
幽霊が出る。女性に人気のシティリゾートホテルで、そんな噂が囁(ささや)かれ始めた。鮎村美生(みお)が調査を開始した直後、幽霊の目撃者である美津子が何者かに殺される。残された美津子の白無垢姿の写真の謎。美津子はずっと独身だった——。一時の錯覚でもいい。夢が見たい。女性の哀しさを切なく描いた上質のミステリー。解説・西上心太
商品情報
書名(カナ) シュクジョノキュウジツ
ページ数 496ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年03月10日
ISBN 978-4-16-720312-2
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く