作品紹介

よく生きた人たちの、それぞれの死の迎え方とは

阿久悠から黒澤明まで、昭和を駆け抜けていった著名人48人を選び、人生の終幕の瞬間を、近しい人たちが深く静かに証言する

担当編集者より
死の8日前「お先に逝かせていただきますよ」と話した元経団連会長の平岩外四さん、自ら点滴の管を引き抜いた作家の吉村昭さん、自殺者を助けて殉職した宮本邦彦警部、最期の入院でも看護師に大モテだった詩人の田村隆一さん、病床でもお洒落だった作詞家の安井かずみさん——去り際には、その人の生き方が凝縮されている。
商品情報
書名(カナ) ミゴトナシ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年07月10日
ISBN 978-4-16-721783-9
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く