文庫
文庫

ふたりの山小屋だより

岸田衿子 岸田今日子

  • 定価:本体524円+税
  • 発売日:2001年08月

作品紹介

昭和のはじめに学者たちがつくった大学村――姉妹が幼い頃から親しんできた山での生活を、エッセイ、日記、とっておきの写真で構成

担当編集者より
昭和の初めに学者達によって作られた、北軽井沢大学村。姉妹の父上岸田國士氏も村の一員となり、ここに北欧風の山小屋を建てました。物心つく前から毎年家族で夏を過ごし、いわばお二人にとって故郷ともいえるこの村に、今、衿子さんは定住し、今日子さんもご自分の小屋を建てて、仕事の合間に訪れています。豊かな自然に囲まれ、都会とは違った時間が流れる山の暮らしを、エッセイと日記で綴ります。村の幼なじみ谷川俊太郎氏との座談会や、姉妹の貴重な写真も多数収録しました。(HH)
商品情報
書名(カナ) フタリノヤマゴヤダヨリ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年08月10日
ISBN 978-4-16-723706-6
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く