作品紹介

中原の覇者を目指す者たちの深謀遠慮

中国最古の年代記『春秋』を孔子が編み、呉越が戦った時代。管仲や子産、孫子など二十人の名臣を軸に、各国の興亡のドラマを描く

担当編集者より
兄弟を殺害して即位した君主を処刑するために、わが子をも欺いて死なせた衛の石【石+昔】、叛乱で父を亡くしながらも速やかに君主を救い、後に中国史上初の成文法を作った鄭の国僑(子産)、楚王に復讎するために呉に仕え、呉王を霸者にした伍員(伍子胥)など、移りゆく国勢と王室の動乱に揉まれながら、国をたすけた名臣二十人の軌跡。
商品情報
書名(カナ) シュンジュウメイシンレツデン
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年03月10日
ISBN 978-4-16-725919-8
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く