作品紹介

薩摩藩屈指の剣豪、赤星速水は西郷隆盛の密命を受け、横浜へひた走る

北辰一刀流の使い手赤星速水は西郷隆盛より、禁制品の生糸を極秘に買い、横浜の外国商館で売り捌く密命を受け、東への旅に出た

担当編集者より
女性と見まごう美貌で北辰一刀流を会得した薩摩藩の剣豪隠密、赤星速水。西郷隆盛の信頼篤い速水は、藩の軍資金稼ぎのため、女密偵以登とともに生糸の密売の藩命を受け、横浜を目指してひた走った。そして舞台は京都、大坂、上海、アメリカへ。薩摩藩の幕末の激動期をダイナミックに描く歴史小説。解説・磯田道史
商品情報
書名(カナ) サツマヤシャビナ
ページ数 512ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年02月10日
ISBN 978-4-16-731458-3
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く