作品紹介

連続殺人の裏に潜む恐るべき悪意に挑む十津川警部

新宮で女性が殺された。額にはナイフで刻んだ×印が。同様の殺人が東京、串本で続く。被害者のイニシャルは全員「Y・H」だった

担当編集者より
南紀・新宮で若い女性の死体が発見された。額には無残な×印の切り込みがあった。東京・世田谷でも、若い女性が同じ手口で殺されていた。残忍な連続殺人か? 二人のイニシャルが同じなのは偶然なのか? 犯人の異常な残忍さの裏にあるものは? そして串本で三人目の犠牲者が……。十津川警部は南紀に向かう。
商品情報
書名(カナ) キセイホンセンサツジンジケン
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年04月10日
ISBN 978-4-16-745431-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く