作品紹介

悪女おきん登場! エロティックで痛快な、著者初の時代小説

江戸で評判の札差、西門屋慶左衛門は、金持ちの上に女好き。ようじ屋の女房、おきんを見初め、あろうことか妻妾同居を始めるが…

担当編集者より
江戸の札差、西門屋慶左衛門は、金持ちの上に「今助六」の評判を取る色男で、無類の女好き。手をつけたようじ屋の女房、おきんが、亭主を殺して正妻お月のいる家に乗り込んできたからさあ大変。女に目がない男と、男に目がない女が、くんずほぐれつ、惚れたはれたの大騒ぎ……! 著者初の時代小説、いよいよ開幕。解説・島内景二
商品情報
書名(カナ) ホンチョウキンペイバイ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年07月10日
ISBN 978-4-16-747633-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く