文春文庫

意味がなければスイングはない

村上春樹

  • 定価:本体560円+税
  • 発売日:2008年12月04日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

村上春樹、初めての、待望の、音楽エッセイ

シューベルトにスタン・ゲッツ、ブルース・スプリングスティーン、ビーチ・ボーイズ、スガシカオ……ファンキーで奥の深い10篇

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
待望の、著者初の本格的音楽エッセイ。シューベルトのピアノ・ソナタからジャズの巨星スタン・ゲッツの〈闇の2年間〉、ブルース・スプリングスティーン、Jポップのスガシカオまで、すべての音楽シーンから選りすぐった11人の名曲がじっくりと、磨き抜かれた達意の文章で、しかもあふれるばかりの愛情をもって語り尽くされる。
商品情報
書名(カナ) イミガナケレバスイングハナイ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年12月10日
ISBN 978-4-16-750209-6
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く