文春文庫

陰陽師 龍笛ノ巻

夢枕 獏

  • 定価:本体550円+税
  • 発売日:2005年03月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

呪に結ばれし者たちの運命はいかに

虫が大好きな露子姫の許に蘆屋道満から禍々しい虫がやってきた。晴明と博雅は虫退治へと向うのだが。「むしめづる姫」他全5篇収録

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
とある晩、安倍晴明の師・賀茂忠行の息子保憲が訪れ、晴明に厄介な一件を頼み込んだ。それは——。藤原為成が一条六角堂で妙な首に憑かれてしまい、命も危ういので助けてやってくれぬか、というものであった。源博雅とともに為成の屋敷へ向かった晴明は……。「首」の他、都の闇にはびこる悪鬼、怨霊たちと対峙する全5篇収録。
商品情報
書名(カナ) オンミョウジリュウテキノマキ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年03月10日
ISBN 978-4-16-752813-3
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く