作品紹介

今宵もまた、都の闇に妖かしの魔物たちが……

秀麗なる陰陽師・晴明と笛の名手・博雅が、妖怪、悪霊そして怪奇事件に慄く京の人々を救うため、闇の世界に挑む大人気シリーズ登場

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
安倍晴明の屋敷で、いつものように源博雅が杯を傾けている所へ、橘実之の娘、虫が大好きな露子姫がやってきた。何でも晴明に相談があるというのだ。広沢の遍照寺にいる僧が、眠る前に読経していると、黄金色をした虫が現われるが、朝には消えてしまうらしい。この虫の正体は——。「二百六十二匹の黄金虫」他、全六篇収録。
商品情報
書名(カナ) オンミョウジタイキョクノマキ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年03月10日
ISBN 978-4-16-752815-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document