作品紹介

新しい先生は、口をきかんのじゃ……。第七回柴田錬三郎賞受賞作

瀬戸内の小さな島の小学校に、北海道からやってきた「機関車先生」。生徒はわずか7人。けれどもそれはかけがえのない出会いだった

担当編集者より
新しい先生は、口をきかんのじゃ……。舞台は戦争の傷跡の残る昭和30年代、瀬戸内の葉名島(はなじま)。この小さな島の、生徒わずか7人の小学校に、北海道から代用教員がやってきた。口がきけない「機関車先生」。けれどもそれはかけがえのない出会いだった……。青年教師と島の人々との暖かな絆を描く、第七回柴田錬三郎賞受賞作。
商品情報
書名(カナ) キカンシャセンセイ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年05月10日
ISBN 978-4-16-754613-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く